fc2ブログ
----------------------------------エフティヒアはしあわせ、ルルーディは花。日々きらめくしずくを集めて、それぞれの花を育てましょう hapiness*flowers. making our own flowers!

ダブリンの風
冬らしくなったせいか突然アイルランドを思い出したので、書くことにしました。
数年前の12月、親友のひとりとロンドンからこの不思議な国へ、ふらりと飛んだときのこと。


アイルランドは、ダブリンを首都とする緑の国。
飛行機も、おみやげも、ポストも、なぜか全部 Leaf Green.


そんな妖精の国から
CIMG3049_convert_20110109185108.jpg
Green Postとアイリッシュレディ


教会の中、
CIMG3037_convert_20110109185218.jpg
なぜか祭壇には羊…


そしてその教会内、隅にティー・スペースがありました。
白いエプロンをつけたおばあさんがケーキと紅茶(やコーヒー)をだしていました。
外はとても寒いので、少しあたたまってゆくことに。
IMG_0031_convert_20110109212131.jpg
かわいい手作りケーキたち


ここまではダブリン街中。でもアイルランドに来たからには、大自然をみましょう。

バスでぐんぐん山へむかってゆくと、そこは光と風の丘。
さらにゆくと谷になり‥


この針葉樹がヨーロッパっぽい
IMG_0078_convert_20110109212215.jpg
でもすごい風でとっても寒かった

風をぬけ谷をぬけ湖をぬけ、どんどん奥地へ。

そこにあったのは‥
CIMG3197_convert_20110109211944.jpg
ケルトの国ですここは。


不思議な地。冬だけれど湿気があるので草や葉はみずみずしく大地を覆っていて、山からは幾筋もの湧水が地を流れ湿地をつくって、森に注いでいる。日本の冬とは、まったく色が違う‥

しばらく不思議の地をさまよったあと、現実に帰るべくバスに戻る。
でもバスの窓からの景色は、なかなかまだ幻想的な色をしていて。

CIMG3246_convert_20110109212027.jpg
森を少しぬけたところ、バスの中から。寒そうでしょう。
もう自分が地球のどこにいるのかわからない。



以上、グリーンの魔法がかかった国からでした。

(撮影:erico&旅友)


erico
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © エフティヒア*ルルーディ. all rights reserved.